マイナンバーカードの保険証利用について

マイナンバーカードを「健康保険証」としてご利用できるようになりました。

患者さんが同意すれば、特定健診情報や今までに使った薬剤情報が医師等と共有でき、より適切な医療が受けられるようになります。

ご利用するには、マイナポータルより健康保険証のご利用申し込みが必要です。当院設置のカードリーダーでもご登録できますので、ご不明な点は受付までお声がけください。
※公費負担受給者証・医療証は対応しておりませんので、必ず原本をお持ちください。

マイナンバー

 


新型コロナウイルス感染症検査について

検査は医師が発熱や風邪症状で新型コロナウイルス感染症を疑う症状があると判断し、必要だと認めた場合に検査をします。

※濃厚接触者で無症状の方の検査は実施していません。
※自費での検査(無症状や陰性証明書取得のため等)は実施していません。

【当院での検査方法】 
当院では核酸増幅法である「唾液PCR法」と「NEAR法」を施行しております。
検査したいウイルスの遺伝子を専用の薬液を用いて増幅させ検出させる検査方法です。
鼻や咽頭を拭って細胞を採取し、検査を行います。感染してから発症する数日前より検出可能とされています。主に体内にウイルスが検査時点で存在するかを調べるときに用います。

唾液PCR法
唾液を専用の容器で採取し検査機関に提出します。結果は翌日以降に電話でご報告します。

NEAR法
鼻に綿棒を挿入し採取します。結果は15分程度で結果が得られます。

コロナ素材

※抗原検査や抗体検査は当院では実施していません。


令和4年度インフルエンザ予防接種について

「今年はインフルエンザが流行るのか?」という話題を耳にするようになりました。ここ2.3年は新型コロナウイルスの流行で基本的な感染症防止対策が浸透したことや、海外から持ち込まれる機会が減少したことから、大きな流行はありませんでした。その結果、インフルエンザに対する免疫を持たない方が増えたため、海外との往来も増える今後は大きく流行する可能性がある、といわれています。

ワクチンを接種してから抗体ができるまでは約2週間かかるので、流行期に入る前に早めに予防接種する事が重要です。

「コロナワクチンと同時接種はできるの?」
当院では、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンの同時接種は実施しません。
同時接種については、単独で接種した場合と比較して、有効性及び安全性が劣らないとの報告があること等を踏まえ、実施可能と厚労省より発表になりましたが、副反応が出る方もいますので、無理のないスケジュールでの接種をおすすめします。
当院では、10月1日からインフルエンザ予防接種を開始いたします。